3代目堀野哲仙 書歴/新着情報

HOME > 新着情報 > 校長書歴 > 3代目堀野哲仙 書歴

3代目堀野哲仙 書歴

略歴

・昭和40年 4月 堀野書道学校講師就任

・昭和44年 4月 日本書法芸術院事務長就任

・昭和55年 5月 アメリカ・ワシントン州で書道のデモンストレーションを初代
哲仙と共に実施。

・昭和59年 10月 中国において中国書法家協会、中国人民対外友好協会本部との
交流を開始する。その後訪中を重ねる。

・平成3年 7月 近代日本建設の指導者となった薩摩・長州の留学生をたたえる記
念碑を揮毫
日英文化俱楽部の会員となる。

・平成9年 10月 堀野書道学校校長に就任。同時に三代目哲仙を襲名。

・平成10年 2月  日本書法芸術院会長、日本書法師範会指導者連盟会長に就任。

・平成10年 8月 アメリカで最大のジャパンフェスタに参加。その後訪米を重ねる。

・平成12年 3月  横浜にぎわい座舞台の扁額を揮毫。

 

揮毫物の写真

IMG_20160607_0002 - コピー.jpgIMG_20160607_0002.jpgIMG_20160607_0002 - コピー - コピー (2).jpg

IMG_20160607_0002 - コピー - コピー.jpgIMG_20160607_0001 - コピー.jpgIMG_20160607_0001.jpg

IMG_20160607_0001 - コピー (3).jpgIMG_20160607_0001 - コピー (2).jpg

 

●ロンドン大学正門と揮毫した記念碑

●横浜にぎわい座舞台の扁額「笑う門には福来たる」

●明治書院出版 まなびやぶっく「文字の探訪」

 

 

< 第32回書法展 6月14日(火)~19日(日)  |  一覧へ戻る  |  本日より2週間、横浜校の月・火・土曜日の事務所受付時間を17時までとさせていただきます。 >

このページのトップへ