HOME > 附属教室案内 > 関東エリア > 横須賀市森下晏仙書道教室

附属教室案内

< 横浜市舩木弘仙書道教室  |  一覧へ戻る  |  横浜市平田祐仙書道教室 >

横須賀市森下晏仙書道教室

住所横須賀市浦賀丘1丁目
最寄駅:京急浦賀駅
連絡先自宅 0468-43-8058
携帯 090-9341-7924
E-mailaquaius_ans@yahoo.co.jp
開塾曜日月曜日(月4回) 一般13:00~15:00
          学生13:30~20:00
土曜日(月4回) 一般・学生10:00~12:00
修了科と塾長等級1級塾長

書と花と水墨画とemiko 005.jpg

「晏仙水茎の会」

「鏡には うつらぬ人の まごころも さやかにうつる みずくきのあと」

これは明治天皇御製の和歌ですが、初代堀野哲仙先生に教えていただいた言葉です。

水茎(みずくき)とは筆跡の事。みかけでは分からないが、あなたが書いたものには、人柄があらわれますよ、という意味だと先生はおっしゃいました。私が大学生の時の事ですが、今でもその時の感動を覚えています。

その水茎をいただき、私の書道塾の名前とさせていただきました。開塾したのは昭和50年(1975年)そろそろ40年になります。

堀野の学生書法展はもとより、毎日新聞主催の神奈川県青少年毎日書道コンクールや成田山競書大会など、公募にも出品し、多くの入賞者を輩出しております。初代哲仙先生がおっしゃっていた事、それは誰が見ても美しいと感じる字を書くということでした。

五十四母字結構法が正にその言葉どおり、癖のない美しい字を書く秘訣が濃縮した素晴らしい教科書です。当塾では、小学校6年生からその教科書を使っています。

ブログもぜひご覧ください ⇒ http://blog.livedoor.jp/morisitaannsenn/

森下晏仙塾 画像1.jpg写真2.jpg

横須賀市森下晏仙書道教室

< 横浜市舩木弘仙書道教室  |  一覧へ戻る  |  横浜市平田祐仙書道教室 >

このページのトップへ